50代からの学びの道

50代男性におすすめの習い事

50代からの習い事は、現在の仕事のスキルアップやサイドビジネスに生かせるもの、健康増進に役立てるもの、独立起業につながるものなどがおすすめです。

50代男性に人気の習い事をいくつかご紹介しますので、習い事を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

パソコン

現在の仕事のスキルアップや、転職・再就職の際にも生かせるのがパソコンの習い事です。

2020年のコロナ禍以降、多くの企業でテレワークが導入され、50代男性も否応なしにパソコンにかかわらずを得なくなったからです。

会社員の方は、パソコンが使えるかどうかによって仕事内容が変わったり、昇進や昇給に影響が出ることもあります。
管理職の方や指導的立場にある方、フリーランスの方にもパソコンの習い事はおすすめです。

パソコンは書籍などを参考に独学でも十分にマスターできますが、短期にマスターするにはパソコン教室に通うという方法もあります。

 

フィットネス・筋トレ

少しずつ筋力が低下し、生活習慣病が忍び寄る50代。
後半の豊かな人生を目指して、健康増進や筋力の強化、心肺機能の向上、ストレス解消などを目的に行うのがフィットネスや筋トレの習い事です。

フィットネス・筋トレは、自宅で行うこともできますが、より効果的に行いたい方は、「スポーツジム」や「フィットネスクラブ」を利用しましょう。

スポーツジムは、一般にトレーニングマシーンなどの器具が置いてあり、自分でメニューを組んでトレーニングを行います。

フィットネスクラブは、トレーニング用の器具のほか、プールやスタジオなども設けられていますが、専門の指導員(インストラクター)から、個人的にトレーニングについてのアドバイスを受けることができます。

 

英会話

政治・経済・文化など、あらゆる分野でグローバル化が進展したものの、英語力に優れた人材が不足している状況が続いています。

そのため、ビジネス界では英会話ができるという事は非常に重要な意味を持ち、昇進や昇給につながったり、外資系企業への転職・再就職にも有利になります。

また、ビジネス以外の分野においても、英会話ができることにより、世界規模で活躍できる時代になっています。

「50代から英会話を学ぶのは遅すぎるのでは・・・」といった心配はありません。すでに英語の基礎は義務教育の中で培われており、それに社会経験をプラスすれば英会話のマスターは難しいことではないからです。

英会話を学ぶには、英会話スクールに通うほか、オンラインスクールや通信教育を利用するという方法もあります。

 

料理

このところ、全国各地のシニア向け料理教室が盛況ですが、50代男性にとっても料理を学ぶのは数々のメリットがあります。

自分の好きな料理を好きなように作れるということだけでも、豊かな人生につながりますが、出来上がった料理を家族や友人に振る舞うという楽しさを味わうことができます。

特に50代男性にはそば打ちやうどん打ちなどが人気ですが、自信がついたら将来は店を開くという夢を持つこともできます。

その他、和食、中華、洋食など料理のジャンルや種類は多岐にわたりますが、本格的に習いたい方は、料理教室に通ってみましょう。

家庭で楽しむ程度なら、雑誌やDVD、ユーチューブなどの動画を見ながらマスターすることもできます。

 

資格取得

現在の仕事をスキルアップしたり、再就職や副業に生かしたり、いずれは独立起業を目指したいという50代男性には、資格取得がおすすめです。

難関と言われる国家資格は、学習時間も多くかかり取得するまでは大変ですが、一度取得してしまえば一生有効になるものが殆どです。

自分に自信がつき、昇進や昇給のチャンスが増えるほか、転職する場合も有利になります。

また、国家資格以外でも今までの人生経験を生かせる資格や、好きな趣味を生かせる資格などもたくさんあります。

働きながら資格取得を目指す方には、好きな時間に学習を進めることができる通信講座やオンライン講座がおすすめです。

 

プログラミング

多くの業界でIT化が急激に進む昨今、プログラミングができる人材は圧倒的に不足しています。

プログラミングとは、専用の言語でコンピューターに命令を下し、動作させることですが、子供のうちからプログラミング的思考を育むことの必要性が叫ばれ、2020年には小学校でのプログラミング学習が必修科目となりました。

近年では、中高年世代やシニア世代でも「プログラミングを習いたい」という方が増えていますが、プログラミングをマスターすれば、遠隔地にいても仕事ができ、副業としてもある程度の収入が得られるからです。
また、実力をつけてフリーランスとして活躍することもできます。

ただし、プログラミング言語には多くの種類があるため、どのような分野でプログラミングのスキルを生かしたいのか、的を絞っておくほうが効率的です。

プログラミングは、独学でマスターすることもできますが、まったくの初心者の場合はプログラミングスクールでの習得がおすすめです。

 

カメラ・写真撮影

スマホやデジカメがあれば、誰もが気軽に写真撮影ができる時代ですが、写真の奥深さに魅入られてしまうと、もっと良い写真が撮りたくなります。

プロになりたいという方や本格的な写真を撮りたいという方には、「カメラ・写真撮影」の習い事がおすすめです。

インスタグラムやツイッターなどのSNSで気軽に撮影した写真を公開することもできますが、専用のブログやホームページで公開し、多くの人の感想を得ることもできます。

50代のうちにカメラや写真撮影の技術を身につけておけば、老後の趣味にすることもでき、コンテストに応募したり、個展を開いたり、写真集を出版したりといった夢にもつながります。

一眼レフカメラを使用してプロのような美しい写真を撮りたいという方は、独学で学ぶこともできます。

 

陶芸

物づくりの好きな50代男性におすすめの習い事が陶芸です。

陶芸は、大人の習い事として根強いファンを持ち、全国各地に陶芸教室が設けられているほか、カルチャースクールの陶芸講座、自治体や観光地での体験教室なども人気となっています。

最初は茶碗や湯呑み、お皿、花瓶などの器を作っていきますが、できあがった器はそのまま日常生活に使うことができるほか、親しい人にプレゼントしても喜ばれます。

粘土を手でこねたりする作業は、子供の頃の泥遊びに似た楽しさがあり、ろくろで回転させながら器の形を作ったり、絵付けをする作業は日常の雑事を忘れて無心になれるところが陶芸の最大の魅力です。

陶芸を習うには「陶芸教室」に通うのが一般的ですが、全国各地に教室があるので、お住まいのエリアで検索してみてください。
また、本格的に習う前に陶芸の体験教室で何か作ってみるのもおすすめです。

 

家庭菜園

2020年のコロナ禍以降、自宅で過ごす時間が増えたこともあり、家庭菜園の人気が高まっています。

家庭菜園で色々な野菜を作ることができれば、安全で新鮮な野菜を食卓にのせることができ、また家計も助かるといったメリットがあります。

野菜の作り方は、雑誌やネット情報などをもとに独学でもマスターすることができますが、土づくりや肥料のやり方など、基礎からじっくり学びたい方は、通信講座を利用するという方法もあります。
また、農業大学校や地方自治体が開催する「野菜作り講座」などを受講してみるのもおすすめです。

さらに、もう少し本格的に野菜作りがしてみたいという方は、「シェア畑」というサービスを利用してみましょう。
シェア畑とは、「サポート付き貸農園」のことで、入会費や月会費がかかりますが、初めての方でも、菜園アドバイザーの助言や指導を受けながら色々な野菜作りが楽しめます。

 

DIY・日曜大工

「DIY(ディー‐アイ‐ワイ)」とは"do-it-yourself”の略で、自分で何かを作ったり修繕したりすることを指し、日曜大工もその中に含まれます。

具体的には、棚や本箱、机、椅子、テーブル、犬小屋などの作製がありますが、家の外壁を塗り替えたり、雨樋の修理、水道蛇口の交換、網戸の張り替えなども含めると、数限りなくあります。

自分で家の周りのことができるようになると、専門の業者に依頼する必要がないので、費用が安く済みます。

また、自分だけのオリジナルな物を作れる楽しみがある他、出来上がった時、修繕し終えた時は何とも言えない達成感や充実感があります。

DIYは、DIY教室や木工教室などで学ぶことができますが、ホームセンターで講習会を開催していることもあるのでチェックしてみてください。
また、このような教室が近くにない場合は、本やDVD、YouTubeなどの動画を見ながら学ぶこともできます。

 

関連ページ

自由で豊かな人生を目指して

50代から学びたいこと

50代から習い事をスタートする方法

50代女性におすすめの習い事

オンラインで学ぶ